トップメッセージ

Message from Top Management

ガバナンスの充実と発展を責務として取り組み、持続可能な成長を確実に続けていく事で、エネルギー脱炭素化のリーディングカンパニーを目指します。

  • 第13期(2022年6月期)のスタートをむかえて
  • 私たちTESSグループは、「再生可能エネルギーの主力電源化」「省エネルギーの徹底」及び「エネルギーのスマート化」の3つを事業領域に、我が国をはじめとする脱炭素社会の実現に向け、フロービジネスである「エンジニアリング事業」とストックビジネスである「エネルギーサプライ事業」の2つの事業を行っております。2021年7月1日現在、TESSグループは、持株会社のテスホールディングスに加え、国内子会社15社、海外子会社4社および関連会社3社の計23社から構成されています。
  • この度、2021年4月27日に、テスホールディングスの株式が東京証券取引所市場第一部(証券コード 5074)に上場いたしました。関係者の方々のご支援の賜物であると感謝し、心よりお礼申し上げます。
  • さて、本日TESSグループは、新たな決算期を迎えることになりました。上場企業として、ガバナンスの充実と発展を責務として取り組み、持続可能な成長を確実に続けていくことが私たちに課せられた使命です。「ステークホルダー重視の経営を進めること」、「ESG(※1)とコンプライアンスを経営の根幹に置くこと」の2つを重視しながら、世界的な脱炭素の潮流に対して果敢な取り組みを社内外に展開していく所存です。
  • 上場から間もない私たちですが、この緊張感と充実感をバネにして、他にはない独自の領域で一歩先を行く実行者「+E Performer」として成果を生み出し、エネルギー脱炭素化のリーディングカンパニーを目指して参ります。
  • 今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
  • 2021年7月1日
  • テスホールディングス株式会社
  • 代表取締役会長兼社長
  • 石脇 秀夫

企業理念

顧客重視 顧客満足顧客重視 顧客満足
●すべてのお客さま・ビジネスパートナー・株主・投資家・地域社会・グループの全役職員やその家族など、あらゆるステークホルダーを顧客とします。
●トップマネジメントが主導して、顧客に正面から向きあい、甘えず、着実に、誠実な経営をお約束します。
●ESGとコンプライアンスを経営の根幹に置くことで、SDGsの実現に貢献し、持続可能な成長による企業価値向上を目指します。

経営理念

Total Energy Saving & SolutionTotal Energy Saving & Solution
複雑化する顧客のエネルギーに対する課題やニーズに対して、画一的な製品サービスでは、
企業理念である「顧客重視・顧客満足」を達成することはできません。
社名の由来であるTotal Energy Saving & Solutionの実現に向け、総合的なエネルギーソリューション
(※2)の提供をグループ全体で推進致します。

経営ビジョン

+E Performer+E Performer
当社グループのあるべき姿を定めたものが経営ビジョンの「+E Performer(プラスイー パフォーマー)」です。
「+E」には当社グループの事業活動に関わる「Energy、Economy、Environment、Engineering、Ecology、Engagement…」等について「一歩先を行く、他には無いものを新しく提供する」という意味を込めております。
また、「Performer」には「実行者」という意味があり、顧客のニーズに正面から向き合い、成果を出していく企業姿勢を表しております。
当社グループの強みを最大限に発揮することで、次世代に向けてエネルギーを育み、守り、つなぐ
「+E Performer」を目指して参ります。
  • (※1)ESG:Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの頭文字からなる企業活動の社会持続性に関する指標を言います。
  • (※2)エネルギーソリューション:当社グループが事業活動を通して顧客に提供するエネルギーに関するサービス全般を指します。