ニュースリリース

2020.12.11

プレスリリース

都営大江戸線でヘルプマークとのタイアップ広告を掲示開始

テスホールディングス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役会長兼社長:石脇 秀夫)とテス・エンジニアリング株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:髙崎 敏宏)は、都営大江戸線(1編成)の優先席連結部において、「ヘルプマーク」とタイアップした広告の掲示を開始したことをお知らせいたします。

  • (広告デザイン)
  • (掲載の様子)
■広告の概要
掲示場所:都営大江戸線(1編成) 優先席連結部
掲示期間:2020年12月4日(金)~2021年12月3日(金)
■ヘルプマークとは
ヘルプマークとは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるように東京都が作成したマークです。2020年5月31日時点で、全1道2府40県に導入されています。
(参考)東京都福祉保健局ホームページ「ヘルプマーク」
【ニュースリリース】
都営大江戸線でヘルプマークとのタイアップ広告を掲示開始(PDF)
■本件に関するお問い合わせ先
テスホールディングス株式会社 管理本部 経営企画ユニット 広報・IRチーム
https://www.tess-hd.co.jp/contact/
※当社グループは、テレワーク・時差出勤を取り入れております。
そのため、お電話での対応ができない場合がございますので、ホームページよりお問い合わせください。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。