事業内容

Business Details

TESSグループは、世界的な
エネルギー脱炭素化に貢献し、
SDGsの実現を目指します。

当社グループでは、ESGとコンプライアンスを経営の根幹に位置付け、社会的なニーズが強く、より成長が見込まれる「再生可能エネルギーの主力電源化」「省エネルギーの徹底」及び「エネルギーのスマート化」の3つの事業領域に注力することで、世界的なエネルギー脱炭素化に貢献し、SDGsの実現を目指して参ります。

経営の根幹
事業領域
SDGsの実現

事業内容

【エンジニアリング事業】

エンジニアリング事業は、エネルギープラントやユーティリティ設備(※1)のEPC(※2)を行っており、省エネルギー領域と再生可能エネルギー領域の2つを主たる事業領域としております。
なお、当社グループにおいては、テス・エンジニアリング株式会社がコージェネレーションシステム(※3)、太陽光発電システム及びユーティリティ設備等のEPCを、共立エンジニアリング株式会社がユーティリティ設備のEPCを行っております。

省エネルギー系設備

  • コージェネレーションシステム
  • LNGサテライトシステム
  • ユーティリティの省エネルギーシステム

再生可能エネルギー系設備

  • 太陽光発電システム
  • バイオマス発電システム
  • (※1)ユーティリティ設備:工場の生産設備の稼働に必要な電気、蒸気、水、圧縮空気、燃料等を供給する設備のことを言います。
  • (※2)Engineering(設計)、Procurement(調達)、Construction(施工)の略であります。
  • (※3)コージェネレーションシステム(CGS:Co-Generation System):分散型エネルギーリソースの一つで、発電と同時に発生する熱を冷暖房や生産プロセスに利用する熱電併給システムのことを言います。CHP:Combined Heat & Powerと呼称される場合もあります。

【エネルギーサプライ事業】

エネルギーサプライ事業は、オペレーション&メンテナンス(O&M)、再生可能エネルギー発電所の所有・運営・売電、電気の小売供給及びその他の各種サービスを提供するランニング収益(ストック)型のビジネスであります。
当社グループにおいては、テス・エンジニアリング株式会社がO&M、再生可能エネルギー発電所の所有・運営・売電及び電気の小売供給を、テス・アセットマネジメント合同会社がアセットマネジメント業務、プライムソーラー合同会社をはじめとするSPC(特定目的会社)及び匿名組合が再生可能エネルギー発電所の所有・運営・売電を行っております。

  • オペレーション&メンテナンス(O&M)
  • 再生可能エネルギー発電所の所有・運営・売買
  • 電気の小売供給

その他の各種サービス

  • ●エネルギーマネジメントシステム
  • ●24時間遠隔監視サービス
  • ●ERAB(※1)サービス
  • ●燃料供給サービス(LNG、バイオマス燃料等)
  • (※1)ERAB(Energy Resource Aggregation Businesses):仮想発電所(VPP)技術やデマンドレスポンス(DR)技術を用いて、一般送配電事業者、小売電気事業者、需要家、再生可能エネルギー発電事業者といった取引先に対し、調整力、インバランス回避、電力料金削減、出力抑制回避等の各種サービスを提供することを言います。

TESSグループが保有する
現在運転中の
再生可能エネルギー発電所

図図

  • 茨城牛久メガソーラー発電所
    (発電容量29.4MW)
  • 千葉香取メガソーラー発電所
    (発電容量14.4MW)
  • 千葉市原ソーラー発電所
    (発電容量7.2MW)
  • 静岡菊川ソーラー第一発電所
    (発電容量9.5MW)
  • 三重エネウッド松阪 木質バイオマス発電所
    (発電容量5.8MW)
  • 高知室戸メガソーラー発電所
    (発電容量30.2MW)
  • (※1)太陽光発電所の発電容量はモジュールベース(太陽電池モジュール最大出力の和)の設備容量表記であります。
  • (※2)バイオマス発電所、風力発電所の発電容量は発電端出力ベースの設備容量表記であります。